2012年04月24日

うつ病で年間350万円を受給して治療に専念

うつ病で年間350万円を受給して治療に専念
『経済的不安を解消。うつ病で350万円受給する方法』





あなたの経済的な不安を消し去るための助言ができます。
それは私の三つの受給の実体験によるものです。

この実体験に基づくある方法を使うだけで、あなたは障害年金二級に認定され、

1610万円を一括で受給できる可能性があるのです。

この結果、生活苦と病苦の二重苦から解き放たれ、うしろめたさのない、
開放的な気持ちで本格的にうつ病治療に取り組むことにつながるのです。


これだけの体験と社労士からのヒアリングから編み出したある方法をあなたにお伝えすることで、あなたの経済的な不安から助け出したいと切に切に願うのですが…。



こんにちは

障害福祉コンサルタントの藤沢俊太郎と申します。

強い不安感にさいなまれながらも、この手紙を読んでくださって深く感謝します。

実は私も妻も苦しみました。

私も妻もおなじように、うつ病を患い、苦しんできたのです。

将来のことが不安で津波のように度重なる不安感、ストレスによる強い耳鳴り、不眠、
つよい抑うつ気分にさいなまれていたのです。睡眠さえまともにとれない日々が続きました。

いっそ人生をリセットしてしまいたい。

何度もそのことを考えました。

しかし、

子供2人を養っていかなければならない。

この二つの考えの狭間で揺れ動いていました。

ですので、いまこの手紙をお読みのあなたの気持ちを肌で感じることができるのです。

実際のところ、うつ病には患者にしかわからない苦しみがあると思います。

あなたは、よく頑張ってきましたね。



私の体験はあなたの年金二級認定の役に立つはずです。

そしてあなたは経済的不安を払拭して本来の治療に専念できるようになるべきです。
『経済的不安を解消。うつ病で350万円受給する方法』

うつ病で年間350万円を受給して治療に専念
『経済的不安を解消。うつ病で350万円受給する方法』
posted by うつ(鬱病)から at 14:57| 福井 ☀| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方

「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方


数千人が元気を取り戻してきた「うつ病から抜け出すプチ認知療法」






数千人が元気を取り戻してきた「うつ病から抜け出すプチ認知療法」そのすべての方法を手に入れましょう! 「病院に通っているのに良くなっている気がしない」 「元気な頃の自分に戻れない・・・」 「毎日が辛くて仕方がない・・・」 でも、もうあなたは大丈夫です。


なぜ、多くの方が、「うつ病」から抜けることができないのか?そして、治らないと思ってしますのか? いくつもの問題をことごとく解決してきた心理カウンセラーが、あなたの「うつ病」を解放するお手伝いをします。


あなたの うつ病 を解放する
うつ病で障害年金2級 ゆっくりと療養
うつ病完治の最短コース
posted by うつ(鬱病)から at 17:55| 福井 ☁| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病を克服するって言うけど

うつ病を克服するって言うけど


私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
うつ病で悩む人がとても多いから。

そして、その悩みを克服してもらうためです。

「うつ病を克服するって言うけど、そんな簡単なものじゃない!」

とあなたは思うかもしれませんね。

でも安心してください。

下園先生は、これまでいろんな人のうつを克服するお手伝いをしてきました。

10年以上うつで苦しんでいる人。
睡眠薬を飲んでも2時間おきに目がさめる人。
毎日襲ってくる不安におびえている人。
復職と休職を繰り返している人。
何度も自傷行為に走ってしまった人。
何度も再発を繰り返している人。

実は、うつから抜け出すことは、あなたが思っているよりもずっと簡単なことです。
世の中のうつで苦しんでいる人たちのほとんどが、
自分で自分の首をしめているだけなのです。

これまでに多くの人たちがうつを克服した下園先生のうつ治療法をお伝えします。

下園先生は、ご自身も「うつ」になった経験に基づき、今までの認知療法とは違い、
誰でもどんな人でも実践できるような独自の治療法である、「プチ認知療法」を構築しました。

その治療法は広くメディアにも紹介され、最新の治療法として注目を浴びています。

「信じられない・・・」

あなたはそう思うかもしれません。
実はうつから脱出するには、大切なコツ(秘密)があるのです。

この手紙を読んでいくうちに、 きっとあなたも「自分にもできる」と思っていただけるはずです。

ただし、真剣に「うつ」に向き合う気持ちのない方は絶対にこの手紙は読まないでください・・・

なぜなら、うつを克服するにはちょっとした勇気が必要だからです。
今の自分から変化するという勇気が・・・。

さあ、準備はよろしいですか?

私の“うつ”も治りますか?

今この手紙読んでいるあなたは、薬を飲んでいるかもしれません。
カウンセリングを受けているかもしれません。

でも、頑張っているのに改善が見られない・・・
自分に自信をなくしている状態かもしれません。

しかし、下園先生は、長年にわたり多くのクライアントと一緒にうつと戦ううち、
その「頑張り」が逆にうつを悪化させていることに気づいたのです。

言い換えると「頑張る方向」が違うのでうつが治らないのです。

下園先生は、上手に頑張るための方法をまとめ、「プチ認知療法」として
世の中に紹介してきました。

下園先生の多くのクライアントがプチ認知療法を取り入れ、
ぐんぐん改善に向かっているのです。

きっと、このお手紙が、あなたの“うつ”を克服する大きな一歩になるはずです。

誰にも分かってもらえない・・・

自分が「うつ」状態ということは、誰にも分かってもらえない・・・
こんな悩みを持ったことがあるかもしれません。

「うつ」は、外から見てもいたって普通の状態に見えます。
なんら普通の人と変わりません。

現在「うつ」で苦しんでいることを会社の人も、周りの友人、親さえ理解してくれない。
そんな悩みを持っている方が多いのが事実です。

本当は、内面では辛い症状に対して戦っているのに。
内面では傷つきやすくなっていたり、不安に悩まされていたりするのに。

「うつ」になったことは決して恥ずかしいことではありません。
心の強い人だって、楽天家の人だって誰でもなる可能性があるのです。

TVで「うつ」は心の弱い人がなるものだ!と無神経なことをいう人を見たことがありますが
原因は別のところにあることを知らないのです。

どうすれば、「うつ」から簡単に
抜け出すことができるのか?

あなたはきっと病院でもらった薬を毎日飲んだり、
また定期的にカウンセリングを受けているのではないでしょうか?

その結果はいかがでしたか?
あなたが望む改善が得られたでしょうか?

多くの方が思うように改善しないもどかしさや不安に苦しんでいるのではないでしょうか?

でも安心してください。

どうすればうつから脱出することができるのか?
そのすべてを公開いたします。

私は下園先生のおかげで10年間苦しんだ「うつ」から抜け出すことが出来ました。
しかし、当時は本当に毎日が辛く苦しい日々を過ごしていました・・・
その当時のことを少しだけお話しますね。
なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法


数千人が元気を取り戻してきた「うつ病から抜け出すプチ認知療法」

うつ(鬱病)から解放される
あなたの うつ病 を解放する
posted by うつ(鬱病)から at 17:54| 福井 ☁| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病の家族への対応マニュアル

うつ病の家族への対応マニュアル
大切な家族がうつ病になってしまったとき、どんなふうに対応したらいいか、具体的に解説します。





大切な家族がうつ病になってしまったら……。患者さんも苦しいですが、家族であるあなたも苦しいはずです。そんなあなたにホッとしていただくため、そして患者さんに具体的にどう関わっていけばいいかを解説するため、心理カウンセラーの私が、対応マニュアルを書き上げました。


うつ病で障害年金2級 ゆっくりと療養
うつ病完治の最短コース
posted by うつ(鬱病)から at 17:52| 福井 ☁| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病は大変苦しい病気です。

うつ病は大変苦しい病気です。


もちろん患者さんは症状によって苦しみますが、
周りで支える家族も大変な苦しみを味わいます。

えっ?こんな簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になるなんて!「うつ病の家族への対応マニュアル」
・自殺してしまうのではないかという恐れ
・生活していけるのだろうかという不安
  ・終わることのない関わりへの疲れ

  ・いくら一生懸命関わっても良くならないいらだち
  ・「この人さえ病気にならなければ」という怒り
  ・いらだちや怒りを患者さんにぶつけてしまった後悔

  ・自分の関わりが悪かったからこうなったのではという罪責感
  ・感謝されるどころか、うるさがられるやり切れなさ
  ・八つ当たりされ、攻撃される悲しさ

  ・患者さんとの心の触れ合いが減ることによる寂しさ
  ・どう関わっても、よけいに患者さんを苦しめてしまうという戸惑い
  ・自分は何の役にも立てないという無力感……



こういう苦しい気持ちを抱き続けていると、
家族は、一刻も早く治って欲しいという気持ちが強まり、焦ってきます。


その結果、無理に励ましたり、
何か「治るのに役立ちそうなこと」を勧めたりします。

でも、患者さんは、その励ましやアドバイスを受け入れるだけの
元気もありませんので、たいていよけいに症状が悪くなります。



そして、こういうことが繰り返されると、
今度はだんだんと腹が立ってくるようになります。

イライラしてきます。

なかなか治らない患者さんを責めたくなります。


イライラが高じると、実際に患者さんに怒りをぶつけてしまいます。
えっ?こんな簡単なことに気をつけるだけで、うつ病の家族がぐんぐん元気になるなんて!「うつ病の家族への対応マニュアル」
posted by うつ(鬱病)から at 17:51| 福井 ☁| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月01日

うつ病や精神疾患は、必ず治すことができます

うつ病や精神疾患は、必ず治すことができます
うつ病や精神疾患で苦しんでいるご家族やご友人やお仲間は、

【荒木式】うつ病克服プログラム〜うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ〜(ダウンロード版)
その周りにいる"あなた"の助けを必要としています。



うつ病や精神病の方は、その病気の特性上、

なかなか自分のことをうまくあなたに伝えることができません。



一見普通に見えるかもしれませんが、

実は、内面に計り知れない程の苦しみや不安や悩みを抱えています。



本人が、一番強く、その状況から抜け出したいと思っています。



でも、自分ではどうすることもできずに、

たった一人でもがき苦しんでいるのです。





きっとあなたも、

病気で苦しんでいるご家族、ご友人、お仲間を見て、

こころを痛めていると思います。



あなた自身も患者さんと同じように、

辛い思いをされていると思います。





でも、うつ病や精神疾患は、必ず治すことができますので、

どうか希望をもってこの先をお読み頂ければと思います。



「どうすればうつ病や精神疾患を根本的に克服することができるのか?」



今から、その具体的な方法をお話していきます。
【荒木式】うつ病克服プログラム〜うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ〜(ダウンロード版)


薬も心理療法もやめられた画期的なうつ病治療法
posted by うつ(鬱病)から at 20:14| 福井 ☔| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病克服プログラム

うつ病克服プログラム


【荒木式】うつ病克服プログラム〜うつ病で苦しんでいる方のご家族やご友人へ〜(ダウンロード版)





薬も心理療法もやめられた画期的なうつ病克服法を伝授します。心と体から根本的に治すこの治療法を実践すれば、うつ病の改善と再発の予防をすることが可能になります。
posted by うつ(鬱病)から at 20:12| 福井 ☔| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ(鬱病)から解放される