2011年06月08日

薬を飲まずにうつを治す

薬を飲まずにうつを治す

うつ病克服法|薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座





あることをしただけで【薬を使わなくても】うつが自然に改善され、人間関係の悩みやストレスからも解放されて楽になれた方法を「薬を使わない精神科医」として有名なお医者さんがすべてお話します。


「自己メンタルセラピー講座」は“薬を使わない精神科医”宮島賢也が構築した
まったく新しい「うつ」克服法。
薬を使わないので身体の負担もなく、「うつ」の原因を根本から改善できます。
現役医師による自宅でできる療法ですので、
誰にも知られることなく安全に、安心して「うつ」を改善していくことができます。


自宅で、「うつ」を改善。

〜「うつ」に悩む全ての方に〜
抗うつ薬の副作用の心配もいらず、
自宅で、自分で「うつ」を克服できる方法があるとしたら、
あなたは試してみたいと思いませんか?
薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座


薬を飲まずにうつを治す

うつ病克服法|薬を飲まずにうつを治す 精神科医 宮島賢也の自己メンタルセラピー講座


ワキガを克服する
うつ(鬱病)から解放される
ラベル:うつを治す
posted by うつ(鬱病)から at 05:22| 福井 ☁| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病で悩む人がとても多い

うつ病で悩む人がとても多い

うつ病を克服してもらうためです。

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
これまでいろんな人のうつを克服するお手伝いをしてきました。

10年以上うつで苦しんでいる人。
睡眠薬を飲んでも2時間おきに目がさめる人。
毎日襲ってくる不安におびえている人。
復職と休職を繰り返している人。
何度も自傷行為に走ってしまった人。
何度も再発を繰り返している人。

実は、うつから抜け出すことは、あなたが思っているよりもずっと簡単なことです。
世の中のうつで苦しんでいる人たちのほとんどが、
自分で自分の首をしめているだけなのです。

これまでに多くの人たちがうつを克服した下園先生のうつ治療法をお伝えします。
posted by うつ(鬱病)から at 05:19| 福井 ☁| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

うつ病を克服するって言うけど、そんな簡単なものじゃない

うつ病を克服するって言うけど、そんな簡単なものじゃない

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

うつ(鬱病)から解放される




数千人が元気を取り戻してきた「うつ病から抜け出すプチ認知療法」そのすべての方法を手に入れましょう!


「病院に通っているのに良くなっている気がしない」 「元気な頃の自分に戻れない・・・」 「毎日が辛くて仕方がない・・・」 でも、もうあなたは大丈夫です。


なぜ、多くの方が、「うつ病」から抜けることができないのか?そして、治らないと思ってしますのか? いくつもの問題をことごとく解決してきた心理カウンセラーが、あなたの「うつ病」を解放するお手伝いをします。


私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

うつ病で悩む人がとても多いから。

そして、その悩みを克服してもらうためです。

「うつ病を克服するって言うけど、そんな簡単なものじゃない!」

とあなたは思うかもしれませんね。

でも安心してください。

下園先生は、これまでいろんな人のうつを克服するお手伝いをしてきました。

10年以上うつで苦しんでいる人。
睡眠薬を飲んでも2時間おきに目がさめる人。
毎日襲ってくる不安におびえている人。
復職と休職を繰り返している人。
何度も自傷行為に走ってしまった人。
何度も再発を繰り返している人。

実は、うつから抜け出すことは、あなたが思っているよりもずっと簡単なことです。
世の中のうつで苦しんでいる人たちのほとんどが、
自分で自分の首をしめているだけなのです。

これまでに多くの人たちがうつを克服した下園先生のうつ治療法をお伝えします。

下園先生は、ご自身も「うつ」になった経験に基づき、今までの認知療法とは違い、
誰でもどんな人でも実践できるような独自の治療法である、「プチ認知療法」を構築しました。

その治療法は広くメディアにも紹介され、最新の治療法として注目を浴びています。

「信じられない・・・」

あなたはそう思うかもしれません。
実はうつから脱出するには、大切なコツ(秘密)があるのです。

この手紙を読んでいくうちに、 きっとあなたも「自分にもできる」と思っていただけるはずです。

ただし、真剣に「うつ」に向き合う気持ちのない方は絶対にこの手紙は読まないでください・・・

なぜなら、うつを克服するにはちょっとした勇気が必要だからです。
今の自分から変化するという勇気が・・・。

さあ、準備はよろしいですか?

私の“うつ”も治りますか?

今この手紙読んでいるあなたは、薬を飲んでいるかもしれません。
カウンセリングを受けているかもしれません。

でも、頑張っているのに改善が見られない・・・
自分に自信をなくしている状態かもしれません。

しかし、下園先生は、長年にわたり多くのクライアントと一緒にうつと戦ううち、
その「頑張り」が逆にうつを悪化させていることに気づいたのです。

言い換えると「頑張る方向」が違うのでうつが治らないのです。

下園先生は、上手に頑張るための方法をまとめ、「プチ認知療法」として
世の中に紹介してきました。

下園先生の多くのクライアントがプチ認知療法を取り入れ、
ぐんぐん改善に向かっているのです。

きっと、このお手紙が、あなたの“うつ”を克服する大きな一歩になるはずです。

誰にも分かってもらえない・・・

自分が「うつ」状態ということは、誰にも分かってもらえない・・・
こんな悩みを持ったことがあるかもしれません。

「うつ」は、外から見てもいたって普通の状態に見えます。
なんら普通の人と変わりません。

現在「うつ」で苦しんでいることを会社の人も、周りの友人、親さえ理解してくれない。
そんな悩みを持っている方が多いのが事実です。

本当は、内面では辛い症状に対して戦っているのに。
内面では傷つきやすくなっていたり、不安に悩まされていたりするのに。

「うつ」になったことは決して恥ずかしいことではありません。
心の強い人だって、楽天家の人だって誰でもなる可能性があるのです。

TVで「うつ」は心の弱い人がなるものだ!と無神経なことをいう人を見たことがありますが
原因は別のところにあることを知らないのです。

どうすれば、「うつ」から簡単に
抜け出すことができるのか?

あなたはきっと病院でもらった薬を毎日飲んだり、
また定期的にカウンセリングを受けているのではないでしょうか?

その結果はいかがでしたか?
あなたが望む改善が得られたでしょうか?

多くの方が思うように改善しないもどかしさや不安に苦しんでいるのではないでしょうか?

でも安心してください。

どうすればうつから脱出することができるのか?
そのすべてを公開いたします。

私は下園先生のおかげで10年間苦しんだ「うつ」から抜け出すことが出来ました。
しかし、当時は本当に毎日が辛く苦しい日々を過ごしていました・・・
その当時のことを少しだけお話しますね。

すべて順調だったはずが・・・

私は34歳で結婚して子供が2人、毎日バリバリ働いていました。
責任感が強く、頼まれた仕事は何でもこなしました。
いつの日にか、私は上司や同僚に頼りにされる存在になっていました。
本当に幸せな毎日を過ごしていました。

そんなある日、私は思いがけない失敗をしてしまったのです。
それがもとで会社に大きな損失を与えてしまいました。

人一倍責任感の強い私は自分を責めました。
「なんであんな失敗をしたんだ!」
「私の責任でみんなに迷惑をかけてしまった・・」

私は、その失敗を取り戻そうと今まで以上に頑張りました。
夜遅くまで残業して、朝は一番に会社へ行きました。

そんな生活が6ヶ月ぐらい続いたころでした。
突然、吐いてしまったのです。
その時はなにか悪いものでも食べたのかな・・
ぐらいで気に留めなかったのですが、同じようなことが続くようになりました。

そして明らかに何かおかしいと思うようになった私は、
病院で診てもらうことにしました。

あきらかに「うつ」ですね・・・

先生にこう言われてしまったのです。
今でもあの日のことをはっきりと覚えています。

その日から私と“うつ”の長く、辛い戦いが始まりました。

私は思い切って会社を休職して、治療に専念しました。
しかし・・・

毎日欠かさず薬を飲んで、定期的にカウンセリングを受ける毎日・・・
それでも一向に改善しない、良くなっている気が全くしなかったです。

「先生、いつになったら治るんですか?」
そんな問いかけに先生は「じっくり時間をかけていきましょう。」

そんな言葉しか返してくれませんでした。

友人も心配して何かにつけて励ましてくれるんですが、
その励ましの言葉を聞くたびに落ち込んでいきました。

昼も夜も言いようのない不安な気持ちが私を支配します。
夜も寝れなくて朝方まで起きていたり・・・
とにかく毎日が辛くてたまりませんでした。
もう死んだ方がましだとさえ思っていた時期もありました。

このままずっと「うつ」と付き合っていかないといけないのかな?
もう治らないのかな・・・

私はどんどん落ち込んでいきました。

それから状況が一変し、
私は10年間苦しんだ「うつ」から解放されました。

ある出会いにより、私の人生は大きく変わりました。
私は「うつ」から解放されたのです。

いったいどうして10年間私を苦しめていた「うつ」から抜け出すことができたのか?

その理由は、下園先生が構築した「プチ認知療法」を実践したからでした。

私はある友人の勧めで下園先生のセミナーに出席しました。
そこで先生が話されていた内容に驚きました。

なぜうつになってしまったのか?
どうしてうつが治らないのか?
どうすればうつから最短で抜け出すことができるのか?

今までバラバラだったパズルのピースがはめ込まれていくような・・
長い長いトンネルの先に一筋の光が見えたような・・
そんな気持ちだったことを今でも覚えています。

あれから1年になります。

今では、うつを克服して元気な自分を取り戻すことが出来ました。
10年間の辛い苦しみから抜け出すことができたのです。

その後、私はこの治療法をうつで悩んでいる人たちに試してもらいました。

すると・・・
今まで家から一歩も出ることが出来なかった人たちが
私と同じようにぐんぐん回復して、
元気に会社に行くことができるようになったのです。

もちろん、この人たちはすべて「うつを克服することが出来ない・・・」と悩んでいた人たちです。

つまり、正しい知識があれば誰でもうつを克服することができる
ということを私は確信したのです。

その後、このプチ認知療法を試した多くの人が
「はっきりとうつが改善した!」という実感を得て
感謝の声を送ってきてくれています。
うつを克服できそうです!
吉田隆 様(38歳)

こんにちは。
私は、7年前に仕事のストレスからうつを発症してしまいました。
本当に辛い毎日で、不眠、不安感、自己嫌悪が激しく、
このまま一生治らないかもしれないと思っていました。

そんなある日、偶然このプログラムを知る機会があり実践してみました。
結果は、自分でも驚くほど効果がありました。
うつ状態というものがはっきりと理解でき、
今の自分の状態がどういう状態なのかがわかりました。

そして、どうすればうつを克服することができるのかということが分かりました。
希望の光が見えたような気持で本当にうれしかったです。
徐々に気持ちが楽になり、不安な気持ちもほとんどなくなりました。

うつを克服できそうな気がします!ありがとうございました。



私は、本当に下園先生に感謝しています。
このプチ認知療法のおかげで私をはじめ、多くの人たちが「うつ」を克服すことが出来たのです。

その後、私の中でこの治療法を1人でも多くの方に伝えたい!
今現在、うつに苦しみ、悩んでいる人に知ってほしい!
そう思うようになりました。

このような気持ちが日に日に強くなり、無理を承知でお願いに参りました。

「先生の治療法を詰め込んだDVDプログラムを作らせてください」

下園先生は、「うつ」に悩み苦しんでいる方の助けになるのなら・・・
と快く承諾いただけることができました。

現役心理カウンセラーである下園先生がご自身も「うつ」になった経験と、
多くの人々の悩みをサポートしてきた経験を元に構築した最も効果的で最も結果がでる方法。
自分いじめを卒業して、うつから最短で抜け出すためのDVDプログラムが完成しました。

「どんな内容になっているの?」

はい、それでは具体的にDVDプログラムの内容をご紹介します。

プログラムでは実際にうつで苦しんでいる方に参加していただいて、
セミナー形式で行いました。

ディスク1では、実際に回復するための作戦、訓練に入る前のウォーミングアップ。
「うつ」の基礎知識を学ぶことで、ディスク2で学ぶ回復するための作戦、訓練に入りやすくなります。

うつDVD

それぞれの「うつとの戦い」(セミナー参加者の自己紹介)

セミナーに参加された方々のうつの状態を聞いていくところからセミナーはスタートします。
先生は意見を無理に押し付けず、いったいクライアントがどのような状態になっているのか
把握することにつとめています。

自分自身を振り返ることがこの章をご覧になることで可能になります。

下園先生のうつ体験

下園先生も「うつ」の経験があります。
貧血を起こしたり、モドしたりすることが多くなってしまいました。

評論家は、こうやれば治るよ!心を強く持とう!と簡単に物事を
終わらせようとします。でもそんな単純なことではないですよね。当事者しか分からない。
だからこそ下園先生はご自身の経験を皆さんにお伝えしているのです。

下園先生はどうやって問題をクリアしていったか、どうすれば心は軽くなるのか?
クライアントさんのお話も混ぜながら解説していきます。

DVD3

この章では、実際の回復に必要な「うつ」というものを解剖していきます。
もちろん難しい文言なんて一切使いません。誰でも分かりやすいような解説がされています。

うつ状態とは(うつから脱出できる「知識」)

現在、医学的な知識を持っている方が大勢いらっしゃいます。ところが、医学的に正しいことが、
必ずしもうつの人の心の勇気(エネルギー)になるとは限らないのです。一般的な医学的知識によって、
逆に不安が募り誤った「努力」を繰り返すクライアントが多い。
下園先生は、「うつのときは、医学書は読まない方がいい」とさえいっています。

本編では、当事者が「自分を認め」「正しい対処」を取りやすくなるような、下園先生独自の
“うつの理解の仕方”について解説します。

現代のうつの特性

現代の「うつ」の特性をお話します。
どんなときに「うつ」状態になってしまうのか、どういうことがきっかけで「うつ」のモードが発動してしまうのか。
これを知ることであなた自身の原因を探ることが可能になります。

この他にも・・・うつの大敵「疲れ」についてレクチャーしています。

「疲れていた」という自覚を持つために。
蓄積疲労を気がつかない理由
感情で疲労する理由と対処法
普通の「不安」とうつの「不安」の違いを理解しよう!
日常の出来事の積み重ねで疲労する
疲労を麻痺させるシステムが誤作動する
疲労していても他人と比べてしてしまうメカニズム

いろいろな方向性から「うつ」を丸裸にしていきます。
以上がディスク1です。ディスク2では、さらにディスク1で学んだことを生かして
あなたが元気を取り戻すことが可能になるレッスンをしていきます。

DVD3

下園先生は、常々「うつを治す魔法は無い」と言っています。ディスク1を見た人は、うつを理解するために
基本知識を身につけました。後は、感覚や行動を通じて、その感じ方考え方を身体に定着させていく訓練を
行いましょう。

考え方を変えろ、というのが従来の認知療法の訓練のやり方でした。
下園先生は、気力の低下しているうつ状態の人が「考え方を変える訓練」を行うと、返って落ち込むことが
多いことに気が付いたのです。

そこで先生は、不安や焦りを抑え、自分を認め自信を回復し、ゆっくり確実に回復するための訓練メニューを
開発しました。多くのメニューから自分にあったものを取り入れればいいのです。
本編では、その中でも最もクライアントの評判の良いものを厳選して、詳しく紹介します。

誰でもできる簡単回復レッスン

日々の生活の中にゆったりとしたリズムを取り入れていきます。
一番効果のある方法を2つほどピックアップしてご紹介します。

いろんな不安対処の方法

たくさんの方々から要望のあった不安の対処方法をまとめています。
この方法を知ることであなたの心がふわっと軽くなります。

実に93パーセントの人がおろそかにしている呼吸法

実は正しい呼吸法を知ることで、ずいぶん体調が変わってきます。
この呼吸法は反響が多く、是非あなたも実践してください。

身体感覚を取り戻すことによって自信を回復する方法

体の感覚を元に戻します。普通のカウンセラーは身体感覚までは目を向けません。
通常は、精神から治療を行っていきますが、体と心のバランスが崩れていたらどっちか一方を
改善しても、真の改善にはなりません。

首をリラックスさせる訓練
胸をそらす訓練

身体感覚の中には、首や胸が重要となってきます。
どのように訓練するかを学び、実践していってください。
誰でも簡単にできるので、体に負担がかかることはありません。

もう大丈夫です!

単なる医学的な知識ではなく、実践を通じて洗練されてきた「本当に役に立つ知識」。
それを知っているか、知らないかは大きな差になってしまいます。

家庭の医学という赤本が昔の家ならばどこにでもあったように
これからは、プチ認知療法のDVDがあなたを助ける道具になります。

学校の試験でも事前に答えが分かっていれば、 誰でも100点を取ることができます。

中学生の頃を思い出してください。
先生が「明日試験をします!」という場面を一度は経験したと思います。
もし、そこで先生が答えを事前に教えてくれたとしたら・・・
テスト

満点を取ることは難しくありませんよね。

答えだけ覚えていけばいいのです。
難しいことを考える必要はありません。

うつから脱却するのもテストと同じです。
はっきりとした答えがあるのです。

答えが分かっていたら、当然、抜け出せる確率は高まります。

うつから抜け出せる人、抜け出せない人との違いはそのテスト答えを、
知っているのか
の違いだけです。

お見合い

覚える必要などありません。迷い悩んだらDVDを見てください。
あなたは、それを見て前に進むだけでいいのです。

以上が「うつの悪循環から独力で脱出する新しい考え方 プチ認知療法」
の中身になります。


もう無理をする必要はありません!


「うつが瞬時に治る」、「これをするだけで治る」などと宣伝しているものは、明らかに“まがい物”です。
もっともらしい宣伝をしていますが、それに乗って一つのことを集中的に努力してしまうと、ほとんどの場合
失敗し、自信を失い、うつが悪化します。

うつの時には、「無理」は、禁物です。焦っているので無理してでも治したい気持ちはあるでしょう。
でもそれは焦ってダイエットして、リバウンドし結局もっと太り(悪化し)、
あきらめ自信を失う失敗と同じことになります。

このDVDは、そんな失敗を避けるための工夫が施されています。
いろんなメニューを用意し、自分の好きな時間に、好きな項目だけ実践すれば良い。
そこに、下園先生の講義をDVDにして皆さんにお届けする真の目的があります。


うつメリット


うつ状態は集中力が無く本も読めません。
うつ
そんな人でもDVDの映像なら頭に入ります。
理解できなくても、何回も再生できますから、 安心して
楽に取り組むことができます。


うつ状態では記憶力が低下しているので、うつを克服するために
大切なことを教えられても、すぐ忘れてしまいます。
うつ
メモを取る必要もありません。覚える必要もありません。
ただ見たいときに繰り返しDVDを眺めればいいのです。
あなたの変わりにDVDが覚えていてくれます。


講義や本で勉強しようとしても、長時間勉強をつづけられません。
うつ
実際の講義ではないので、止めたいところで止めることが
できます。途中でストップしても、DVDの中の下園先生は
気分を害しません(笑)DVDは、細切れに勉強できるように、
10分単位ほどで細かくチャプター分けしてあります。


訓練のやり方が本などのイラストでは十分に理解できない場合が
多いのですが…
うつ
実際の動画を見ることで、訓練をよりイメージしやすくなります。


家族や職場が、うつについて理解してくれません。
うつ
家族に本を読んでもらうのは大変ですが、DVDなら、
一緒に勉強してもらえます。


時折「このままでいいのか」という不安に襲われます。
うつ
不安は、人と話したり、映画などを見ることで紛らわすことができます。このDVDを眺めることで、不安時の一時的な対策になります。
下園先生の独特の語り口やあなたに直接話しかけている雰囲気が
まるでカウンセリングを受けているような気分にさせてくれます。


自分だけがこの苦しい「うつ」と戦っているという孤独感や、
うつからは絶対に逃れられないという絶望感を持つことがあります。
うつ
うつと戦い、それを克服しつつある仲間の姿を映像で
確認することができます。みんなも同じなんだ、自分だけでは
ないんだという思いを強くすることができます。


まとめます。
あなたがやらなければならないことは、
自分で努力することではなく、「DVDレコーダーに努力させる」ことなのです。
人に迷惑をかける必要もありません。うつで気力・体力が落ちているときだからこそ、
文明の利器を活用するのです。

内容には自信があります。でも・・・
まだあなたにとって完全ではないかもしれません。


このDVDを手にしたあなたは、回復への地図を手に入れたことになります。
しかし、1人で頑張り続けるのは限界があると思うのです。

下園先生はよくクライアントさんに
「うつの苦しさは、それぞれの個人の生活の中で『うつを抱えながら生活する苦しさ』である」
と言っています。

個人の生活が多様であると同様、うつの苦しみも個人差が大きいのです。
DVDでは、多くの人に共通するポイントを中心に紹介しています。しかしそれだけでは、この個人差の問題に
完全には対応しきれないかもしれません。そこで、更なる特典をご用意しました。

スペシャル特典その1

心を軽くするツボ療法

ツボ療法を取り入れている方もそうでない方も是非実践してください。
人間には無数のツボが存在していることはあなたもご存じだと思います。
しかし、ただ単純にツボを刺激するだけで治るということはありません。
ツボを押す前に手順を踏まなければ「うつ」には効果がないのです。

正しいツボ療法の方法を解説しています。

スペシャル特典その2

リラクゼーション法

「うつ」状態になると、自分ではリラックスしているつもりでも
常に体は緊張している場合が多いのです。そこで頭のイメージを使って、
リラックスできる練習法を伝授します。

本篇のDVDの風景画像と合わせてこのファイルをご覧になるとより効果を感じることができると思います。

スペシャル特典その3

下園先生からのお手紙

現在うつと戦う当事者のご家族や同僚の方にぜひ読んでもらいたいと思っています。
うつ状態は、大変理解しにくい病気です。支えるご皆さんは大変でしょう。

このお手紙は短いですが、ご家族や支援者の方々に、
最低限知っておいていただきたいことを端的にお伝えしています。

スペシャル特典その4

結婚相談所資料一式

DVDのプログラムの中で下園先生が使っている資料一式をプレゼントします。
他では絶対に手に入らない貴重なものです。

以上がプログラムの全てです。
下園先生には全てのノウハウを出して頂き、すばらしい教材プログラムが完成しました。
なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法


なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法


数千人が元気を取り戻してきた「うつ病から抜け出すプチ認知療法」


ワキガを克服する
うつ(鬱病)から解放される
ラベル:うつ病
posted by うつ(鬱病)から at 20:30| 福井 ☁| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最短でうつを克服する方法をお教えします。

最短でうつを克服する方法をお教えします。

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
もしかして、あなたは以下のようなことで悩んでいませんか?

※ とにかくうつがひどくて毎日が辛い
※夜は眠れないし、朝起きるのも辛くてたまらない
※毎日不安に押しつぶされそうになる
※いつ治るのか、いつ働けるようになるのか不安でたまらない
※病院で出された薬を飲んでいるが一向によくならない
※再発を何度も繰り返している
※もうこのまま治らないのでは・・と不安になる

もし、このような悩みを抱えているならこの手紙をお読みください。

最短でうつを克服する方法をお教えします。
なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法


なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法


ワキガを克服する
うつ(鬱病)から解放される
posted by うつ(鬱病)から at 20:27| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

うつの時には、「無理」は、禁物です。

うつの時には、「無理」は、禁物です

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
もう無理をする必要はありません!


「うつが瞬時に治る」、「これをするだけで治る」などと宣伝しているものは、明らかに“まがい物”です。
もっともらしい宣伝をしていますが、それに乗って一つのことを集中的に努力してしまうと、ほとんどの場合
失敗し、自信を失い、うつが悪化します。

うつの時には、「無理」は、禁物です。焦っているので無理してでも治したい気持ちはあるでしょう。
でもそれは焦ってダイエットして、リバウンドし結局もっと太り(悪化し)、
あきらめ自信を失う失敗と同じことになります。

このDVDは、そんな失敗を避けるための工夫が施されています。
いろんなメニューを用意し、自分の好きな時間に、好きな項目だけ実践すれば良い。
そこに、下園先生の講義をDVDにして皆さんにお届けする真の目的があります。


うつメリット


うつ状態は集中力が無く本も読めません。
うつ
そんな人でもDVDの映像なら頭に入ります。
理解できなくても、何回も再生できますから、 安心して
楽に取り組むことができます。


うつ状態では記憶力が低下しているので、うつを克服するために
大切なことを教えられても、すぐ忘れてしまいます。
うつ
メモを取る必要もありません。覚える必要もありません。
ただ見たいときに繰り返しDVDを眺めればいいのです。
あなたの変わりにDVDが覚えていてくれます。


講義や本で勉強しようとしても、長時間勉強をつづけられません。
うつ
実際の講義ではないので、止めたいところで止めることが
できます。途中でストップしても、DVDの中の下園先生は
気分を害しません(笑)DVDは、細切れに勉強できるように、
10分単位ほどで細かくチャプター分けしてあります。


訓練のやり方が本などのイラストでは十分に理解できない場合が
多いのですが…
うつ
実際の動画を見ることで、訓練をよりイメージしやすくなります。


家族や職場が、うつについて理解してくれません。
うつ
家族に本を読んでもらうのは大変ですが、DVDなら、
一緒に勉強してもらえます。


時折「このままでいいのか」という不安に襲われます。
うつ
不安は、人と話したり、映画などを見ることで紛らわすことができます。このDVDを眺めることで、不安時の一時的な対策になります。
下園先生の独特の語り口やあなたに直接話しかけている雰囲気が
まるでカウンセリングを受けているような気分にさせてくれます。


自分だけがこの苦しい「うつ」と戦っているという孤独感や、
うつからは絶対に逃れられないという絶望感を持つことがあります。
うつ
うつと戦い、それを克服しつつある仲間の姿を映像で
確認することができます。みんなも同じなんだ、自分だけでは
ないんだという思いを強くすることができます。


まとめます。
あなたがやらなければならないことは、
自分で努力することではなく、「DVDレコーダーに努力させる」ことなのです。
人に迷惑をかける必要もありません。うつで気力・体力が落ちているときだからこそ、
文明の利器を活用するのです。

内容には自信があります。でも・・・
まだあなたにとって完全ではないかもしれません。


このDVDを手にしたあなたは、回復への地図を手に入れたことになります。
しかし、1人で頑張り続けるのは限界があると思うのです。

下園先生はよくクライアントさんに
「うつの苦しさは、それぞれの個人の生活の中で『うつを抱えながら生活する苦しさ』である」
と言っています。

個人の生活が多様であると同様、うつの苦しみも個人差が大きいのです。
DVDでは、多くの人に共通するポイントを中心に紹介しています。しかしそれだけでは、この個人差の問題に
完全には対応しきれないかもしれません。そこで、更なる特典をご用意しました。
なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
posted by うつ(鬱病)から at 20:57| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

私の“うつ”も治りますか?

私の“うつ”も治りますか?

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
今この手紙読んでいるあなたは、薬を飲んでいるかもしれません。
カウンセリングを受けているかもしれません。

でも、頑張っているのに改善が見られない・・・
自分に自信をなくしている状態かもしれません。

しかし、下園先生は、長年にわたり多くのクライアントと一緒にうつと戦ううち、
その「頑張り」が逆にうつを悪化させていることに気づいたのです。

言い換えると「頑張る方向」が違うのでうつが治らないのです。

下園先生は、上手に頑張るための方法をまとめ、「プチ認知療法」として
世の中に紹介してきました。

下園先生の多くのクライアントがプチ認知療法を取り入れ、
ぐんぐん改善に向かっているのです。

きっと、このお手紙が、あなたの“うつ”を克服する大きな一歩になるはずです。

誰にも分かってもらえない・・・

自分が「うつ」状態ということは、誰にも分かってもらえない・・・
こんな悩みを持ったことがあるかもしれません。

「うつ」は、外から見てもいたって普通の状態に見えます。
なんら普通の人と変わりません。

現在「うつ」で苦しんでいることを会社の人も、周りの友人、親さえ理解してくれない。
そんな悩みを持っている方が多いのが事実です。

本当は、内面では辛い症状に対して戦っているのに。
内面では傷つきやすくなっていたり、不安に悩まされていたりするのに。

「うつ」になったことは決して恥ずかしいことではありません。
心の強い人だって、楽天家の人だって誰でもなる可能性があるのです。

TVで「うつ」は心の弱い人がなるものだ!と無神経なことをいう人を見たことがありますが
原因は別のところにあることを知らないのです。

どうすれば、「うつ」から簡単に
抜け出すことができるのか?

あなたはきっと病院でもらった薬を毎日飲んだり、
また定期的にカウンセリングを受けているのではないでしょうか?

その結果はいかがでしたか?
あなたが望む改善が得られたでしょうか?

多くの方が思うように改善しないもどかしさや不安に苦しんでいるのではないでしょうか?

でも安心してください。

どうすればうつから脱出することができるのか?
そのすべてを公開いたします。

私は下園先生のおかげで10年間苦しんだ「うつ」から抜け出すことが出来ました。
しかし、当時は本当に毎日が辛く苦しい日々を過ごしていました・・・
その当時のことを少しだけお話しますね。

すべて順調だったはずが・・・

私は34歳で結婚して子供が2人、毎日バリバリ働いていました。
責任感が強く、頼まれた仕事は何でもこなしました。
いつの日にか、私は上司や同僚に頼りにされる存在になっていました。
本当に幸せな毎日を過ごしていました。

そんなある日、私は思いがけない失敗をしてしまったのです。
それがもとで会社に大きな損失を与えてしまいました。

人一倍責任感の強い私は自分を責めました。
「なんであんな失敗をしたんだ!」
「私の責任でみんなに迷惑をかけてしまった・・」

私は、その失敗を取り戻そうと今まで以上に頑張りました。
夜遅くまで残業して、朝は一番に会社へ行きました。

そんな生活が6ヶ月ぐらい続いたころでした。
突然、吐いてしまったのです。
その時はなにか悪いものでも食べたのかな・・
ぐらいで気に留めなかったのですが、同じようなことが続くようになりました。

そして明らかに何かおかしいと思うようになった私は、
病院で診てもらうことにしました。

あきらかに「うつ」ですね・・・

先生にこう言われてしまったのです。
今でもあの日のことをはっきりと覚えています。

その日から私と“うつ”の長く、辛い戦いが始まりました。

私は思い切って会社を休職して、治療に専念しました。
しかし・・・

毎日欠かさず薬を飲んで、定期的にカウンセリングを受ける毎日・・・
それでも一向に改善しない、良くなっている気が全くしなかったです。

「先生、いつになったら治るんですか?」
そんな問いかけに先生は「じっくり時間をかけていきましょう。」

そんな言葉しか返してくれませんでした。

友人も心配して何かにつけて励ましてくれるんですが、
その励ましの言葉を聞くたびに落ち込んでいきました。

昼も夜も言いようのない不安な気持ちが私を支配します。
夜も寝れなくて朝方まで起きていたり・・・
とにかく毎日が辛くてたまりませんでした。
もう死んだ方がましだとさえ思っていた時期もありました。

このままずっと「うつ」と付き合っていかないといけないのかな?
もう治らないのかな・・・

私はどんどん落ち込んでいきました。

それから状況が一変し、
私は10年間苦しんだ「うつ」から解放されました。

ある出会いにより、私の人生は大きく変わりました。
私は「うつ」から解放されたのです。

いったいどうして10年間私を苦しめていた「うつ」から抜け出すことができたのか?

その理由は、下園先生が構築した「プチ認知療法」を実践したからでした。

私はある友人の勧めで下園先生のセミナーに出席しました。
そこで先生が話されていた内容に驚きました。

なぜうつになってしまったのか?
どうしてうつが治らないのか?
どうすればうつから最短で抜け出すことができるのか?

今までバラバラだったパズルのピースがはめ込まれていくような・・
長い長いトンネルの先に一筋の光が見えたような・・
そんな気持ちだったことを今でも覚えています。

あれから1年になります。

今では、うつを克服して元気な自分を取り戻すことが出来ました。
10年間の辛い苦しみから抜け出すことができたのです。

その後、私はこの治療法をうつで悩んでいる人たちに試してもらいました。

すると・・・
今まで家から一歩も出ることが出来なかった人たちが
私と同じようにぐんぐん回復して、
元気に会社に行くことができるようになったのです。

もちろん、この人たちはすべて「うつを克服することが出来ない・・・」と悩んでいた人たちです。

つまり、正しい知識があれば誰でもうつを克服することができる
ということを私は確信したのです。

その後、このプチ認知療法を試した多くの人が
「はっきりとうつが改善した!」という実感を得て
感謝の声を送ってきてくれています。
うつを克服できそうです!
吉田隆 様(38歳)

こんにちは。
私は、7年前に仕事のストレスからうつを発症してしまいました。
本当に辛い毎日で、不眠、不安感、自己嫌悪が激しく、
このまま一生治らないかもしれないと思っていました。

そんなある日、偶然このプログラムを知る機会があり実践してみました。
結果は、自分でも驚くほど効果がありました。
うつ状態というものがはっきりと理解でき、
今の自分の状態がどういう状態なのかがわかりました。

そして、どうすればうつを克服することができるのかということが分かりました。
希望の光が見えたような気持で本当にうれしかったです。
徐々に気持ちが楽になり、不安な気持ちもほとんどなくなりました。

うつを克服できそうな気がします!ありがとうございました。



私は、本当に下園先生に感謝しています。
このプチ認知療法のおかげで私をはじめ、多くの人たちが「うつ」を克服すことが出来たのです。

その後、私の中でこの治療法を1人でも多くの方に伝えたい!
今現在、うつに苦しみ、悩んでいる人に知ってほしい!
そう思うようになりました。

このような気持ちが日に日に強くなり、無理を承知でお願いに参りました。

「先生の治療法を詰め込んだDVDプログラムを作らせてください」

下園先生は、「うつ」に悩み苦しんでいる方の助けになるのなら・・・
と快く承諾いただけることができました。

現役心理カウンセラーである下園先生がご自身も「うつ」になった経験と、
多くの人々の悩みをサポートしてきた経験を元に構築した最も効果的で最も結果がでる方法。
自分いじめを卒業して、うつから最短で抜け出すためのDVDプログラムが完成しました。

「どんな内容になっているの?」

はい、それでは具体的にDVDプログラムの内容をご紹介します。

プログラムでは実際にうつで苦しんでいる方に参加していただいて、
セミナー形式で行いました。

ディスク1では、実際に回復するための作戦、訓練に入る前のウォーミングアップ。
「うつ」の基礎知識を学ぶことで、ディスク2で学ぶ回復するための作戦、訓練に入りやすくなります。

うつDVD

* それぞれの「うつとの戦い」(セミナー参加者の自己紹介)

セミナーに参加された方々のうつの状態を聞いていくところからセミナーはスタートします。
先生は意見を無理に押し付けず、いったいクライアントがどのような状態になっているのか
把握することにつとめています。

自分自身を振り返ることがこの章をご覧になることで可能になります。

* 下園先生のうつ体験

下園先生も「うつ」の経験があります。
貧血を起こしたり、モドしたりすることが多くなってしまいました。

評論家は、こうやれば治るよ!心を強く持とう!と簡単に物事を
終わらせようとします。でもそんな単純なことではないですよね。当事者しか分からない。
だからこそ下園先生はご自身の経験を皆さんにお伝えしているのです。

下園先生はどうやって問題をクリアしていったか、どうすれば心は軽くなるのか?
クライアントさんのお話も混ぜながら解説していきます。


この章では、実際の回復に必要な「うつ」というものを解剖していきます。
もちろん難しい文言なんて一切使いません。誰でも分かりやすいような解説がされています。

* うつ状態とは(うつから脱出できる「知識」)

現在、医学的な知識を持っている方が大勢いらっしゃいます。ところが、医学的に正しいことが、
必ずしもうつの人の心の勇気(エネルギー)になるとは限らないのです。一般的な医学的知識によって、
逆に不安が募り誤った「努力」を繰り返すクライアントが多い。
下園先生は、「うつのときは、医学書は読まない方がいい」とさえいっています。

本編では、当事者が「自分を認め」「正しい対処」を取りやすくなるような、下園先生独自の
“うつの理解の仕方”について解説します。

* 現代のうつの特性

現代の「うつ」の特性をお話します。
どんなときに「うつ」状態になってしまうのか、どういうことがきっかけで「うつ」のモードが発動してしまうのか。
これを知ることであなた自身の原因を探ることが可能になります。

この他にも・・・うつの大敵「疲れ」についてレクチャーしています。

* 「疲れていた」という自覚を持つために。
* 蓄積疲労を気がつかない理由
* 感情で疲労する理由と対処法
* 普通の「不安」とうつの「不安」の違いを理解しよう!
* 日常の出来事の積み重ねで疲労する
* 疲労を麻痺させるシステムが誤作動する
* 疲労していても他人と比べてしてしまうメカニズム

いろいろな方向性から「うつ」を丸裸にしていきます。
以上がディスク1です。ディスク2では、さらにディスク1で学んだことを生かして
あなたが元気を取り戻すことが可能になるレッスンをしていきます。

下園先生は、常々「うつを治す魔法は無い」と言っています。ディスク1を見た人は、うつを理解するために
基本知識を身につけました。後は、感覚や行動を通じて、その感じ方考え方を身体に定着させていく訓練を
行いましょう。

考え方を変えろ、というのが従来の認知療法の訓練のやり方でした。
下園先生は、気力の低下しているうつ状態の人が「考え方を変える訓練」を行うと、返って落ち込むことが
多いことに気が付いたのです。

そこで先生は、不安や焦りを抑え、自分を認め自信を回復し、ゆっくり確実に回復するための訓練メニューを
開発しました。多くのメニューから自分にあったものを取り入れればいいのです。
本編では、その中でも最もクライアントの評判の良いものを厳選して、詳しく紹介します。

* 誰でもできる簡単回復レッスン

日々の生活の中にゆったりとしたリズムを取り入れていきます。
一番効果のある方法を2つほどピックアップしてご紹介します。

* いろんな不安対処の方法

たくさんの方々から要望のあった不安の対処方法をまとめています。
この方法を知ることであなたの心がふわっと軽くなります。

* 実に93パーセントの人がおろそかにしている呼吸法

実は正しい呼吸法を知ることで、ずいぶん体調が変わってきます。
この呼吸法は反響が多く、是非あなたも実践してください。

* 身体感覚を取り戻すことによって自信を回復する方法

体の感覚を元に戻します。普通のカウンセラーは身体感覚までは目を向けません。
通常は、精神から治療を行っていきますが、体と心のバランスが崩れていたらどっちか一方を
改善しても、真の改善にはなりません。

* 首をリラックスさせる訓練
* 胸をそらす訓練

身体感覚の中には、首や胸が重要となってきます。
どのように訓練するかを学び、実践していってください。
誰でも簡単にできるので、体に負担がかかることはありません。

もう大丈夫です!

単なる医学的な知識ではなく、実践を通じて洗練されてきた「本当に役に立つ知識」。
それを知っているか、知らないかは大きな差になってしまいます。

家庭の医学という赤本が昔の家ならばどこにでもあったように
これからは、プチ認知療法のDVDがあなたを助ける道具になります。

学校の試験でも事前に答えが分かっていれば、 誰でも100点を取ることができます。

中学生の頃を思い出してください。
先生が「明日試験をします!」という場面を一度は経験したと思います。
もし、そこで先生が答えを事前に教えてくれたとしたら・・・

下園先生は、常々「うつを治す魔法は無い」と言っています。ディスク1を見た人は、うつを理解するために
基本知識を身につけました。後は、感覚や行動を通じて、その感じ方考え方を身体に定着させていく訓練を
行いましょう。

考え方を変えろ、というのが従来の認知療法の訓練のやり方でした。
下園先生は、気力の低下しているうつ状態の人が「考え方を変える訓練」を行うと、返って落ち込むことが
多いことに気が付いたのです。

そこで先生は、不安や焦りを抑え、自分を認め自信を回復し、ゆっくり確実に回復するための訓練メニューを
開発しました。多くのメニューから自分にあったものを取り入れればいいのです。
本編では、その中でも最もクライアントの評判の良いものを厳選して、詳しく紹介します。

* 誰でもできる簡単回復レッスン

日々の生活の中にゆったりとしたリズムを取り入れていきます。
一番効果のある方法を2つほどピックアップしてご紹介します。

* いろんな不安対処の方法

たくさんの方々から要望のあった不安の対処方法をまとめています。
この方法を知ることであなたの心がふわっと軽くなります。

* 実に93パーセントの人がおろそかにしている呼吸法

実は正しい呼吸法を知ることで、ずいぶん体調が変わってきます。
この呼吸法は反響が多く、是非あなたも実践してください。

* 身体感覚を取り戻すことによって自信を回復する方法

体の感覚を元に戻します。普通のカウンセラーは身体感覚までは目を向けません。
通常は、精神から治療を行っていきますが、体と心のバランスが崩れていたらどっちか一方を
改善しても、真の改善にはなりません。

* 首をリラックスさせる訓練
* 胸をそらす訓練

身体感覚の中には、首や胸が重要となってきます。
どのように訓練するかを学び、実践していってください。
誰でも簡単にできるので、体に負担がかかることはありません。

もう大丈夫です!

単なる医学的な知識ではなく、実践を通じて洗練されてきた「本当に役に立つ知識」。
それを知っているか、知らないかは大きな差になってしまいます。

家庭の医学という赤本が昔の家ならばどこにでもあったように
これからは、プチ認知療法のDVDがあなたを助ける道具になります。

学校の試験でも事前に答えが分かっていれば、 誰でも100点を取ることができます。

中学生の頃を思い出してください。
先生が「明日試験をします!」という場面を一度は経験したと思います。
もし、そこで先生が答えを事前に教えてくれたとしたら・・・


なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
posted by うつ(鬱病)から at 20:57| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うつ病から抜け出すプチ認知療法

うつ病から抜け出すプチ認知療法

数千人が元気を取り戻してきた「うつ病から抜け出すプチ認知療法」






なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法


数千人が元気を取り戻してきた「うつ病から抜け出すプチ認知療法」そのすべての方法を手に入れましょう!



「病院に通っているのに良くなっている気がしない」 「元気な頃の自分に戻れない・・・」 「毎日が辛くて仕方がない・・・」 でも、もうあなたは大丈夫です。


なぜ、多くの方が、「うつ病」から抜けることができないのか?そして、治らないと思ってしますのか? いくつもの問題をことごとく解決してきた心理カウンセラーが、あなたの「うつ病」を解放するお手伝いをします。
なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法



数千人が元気を取り戻してきた「うつ病から抜け出すプチ認知療法」
posted by うつ(鬱病)から at 20:55| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうして短期間でうつを克服したのか?

どうして短期間でうつを克服したのか?

うつ病で悩む人がとても多いから。

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
そして、その悩みを克服してもらうためです。

「うつ病を克服するって言うけど、そんな簡単なものじゃない!」

とあなたは思うかもしれませんね。

でも安心してください。

下園先生は、これまでいろんな人のうつを克服するお手伝いをしてきました。

10年以上うつで苦しんでいる人。
睡眠薬を飲んでも2時間おきに目がさめる人。
毎日襲ってくる不安におびえている人。
復職と休職を繰り返している人。
何度も自傷行為に走ってしまった人。
何度も再発を繰り返している人。

実は、うつから抜け出すことは、あなたが思っているよりもずっと簡単なことです。
世の中のうつで苦しんでいる人たちのほとんどが、
自分で自分の首をしめているだけなのです。

これまでに多くの人たちがうつを克服した下園先生のうつ治療法をお伝えします。

下園先生は、ご自身も「うつ」になった経験に基づき、今までの認知療法とは違い、
誰でもどんな人でも実践できるような独自の治療法である、「プチ認知療法」を構築しました。

その治療法は広くメディアにも紹介され、最新の治療法として注目を浴びています。

「信じられない・・・」

あなたはそう思うかもしれません。
実はうつから脱出するには、大切なコツ(秘密)があるのです。

この手紙を読んでいくうちに、 きっとあなたも「自分にもできる」と思っていただけるはずです。

ただし、真剣に「うつ」に向き合う気持ちのない方は絶対にこの手紙は読まないでください・・・

なぜなら、うつを克服するにはちょっとした勇気が必要だからです。
今の自分から変化するという勇気が・・・。

さあ、準備はよろしいですか?

私の“うつ”も治りますか?

今この手紙読んでいるあなたは、薬を飲んでいるかもしれません。
カウンセリングを受けているかもしれません。

でも、頑張っているのに改善が見られない・・・
自分に自信をなくしている状態かもしれません。

しかし、下園先生は、長年にわたり多くのクライアントと一緒にうつと戦ううち、
その「頑張り」が逆にうつを悪化させていることに気づいたのです。

言い換えると「頑張る方向」が違うのでうつが治らないのです。

下園先生は、上手に頑張るための方法をまとめ、「プチ認知療法」として
世の中に紹介してきました。

下園先生の多くのクライアントがプチ認知療法を取り入れ、
ぐんぐん改善に向かっているのです。

きっと、このお手紙が、あなたの“うつ”を克服する大きな一歩になるはずです。

誰にも分かってもらえない・・・

自分が「うつ」状態ということは、誰にも分かってもらえない・・・
こんな悩みを持ったことがあるかもしれません。

「うつ」は、外から見てもいたって普通の状態に見えます。
なんら普通の人と変わりません。

現在「うつ」で苦しんでいることを会社の人も、周りの友人、親さえ理解してくれない。
そんな悩みを持っている方が多いのが事実です。

本当は、内面では辛い症状に対して戦っているのに。
内面では傷つきやすくなっていたり、不安に悩まされていたりするのに。

「うつ」になったことは決して恥ずかしいことではありません。
心の強い人だって、楽天家の人だって誰でもなる可能性があるのです。

TVで「うつ」は心の弱い人がなるものだ!と無神経なことをいう人を見たことがありますが
原因は別のところにあることを知らないのです。

どうすれば、「うつ」から簡単に
抜け出すことができるのか?

あなたはきっと病院でもらった薬を毎日飲んだり、
また定期的にカウンセリングを受けているのではないでしょうか?

その結果はいかがでしたか?
あなたが望む改善が得られたでしょうか?

多くの方が思うように改善しないもどかしさや不安に苦しんでいるのではないでしょうか?

でも安心してください。

どうすればうつから脱出することができるのか?
そのすべてを公開いたします。

私は下園先生のおかげで10年間苦しんだ「うつ」から抜け出すことが出来ました。
しかし、当時は本当に毎日が辛く苦しい日々を過ごしていました・・・
その当時のことを少しだけお話しますね。

すべて順調だったはずが・・・

私は34歳で結婚して子供が2人、毎日バリバリ働いていました。
責任感が強く、頼まれた仕事は何でもこなしました。
いつの日にか、私は上司や同僚に頼りにされる存在になっていました。
本当に幸せな毎日を過ごしていました。

そんなある日、私は思いがけない失敗をしてしまったのです。
それがもとで会社に大きな損失を与えてしまいました。

人一倍責任感の強い私は自分を責めました。
「なんであんな失敗をしたんだ!」
「私の責任でみんなに迷惑をかけてしまった・・」

私は、その失敗を取り戻そうと今まで以上に頑張りました。
夜遅くまで残業して、朝は一番に会社へ行きました。

そんな生活が6ヶ月ぐらい続いたころでした。
突然、吐いてしまったのです。
その時はなにか悪いものでも食べたのかな・・
ぐらいで気に留めなかったのですが、同じようなことが続くようになりました。

そして明らかに何かおかしいと思うようになった私は、
病院で診てもらうことにしました。

あきらかに「うつ」ですね・・・

先生にこう言われてしまったのです。
今でもあの日のことをはっきりと覚えています。

その日から私と“うつ”の長く、辛い戦いが始まりました。

私は思い切って会社を休職して、治療に専念しました。
しかし・・・

毎日欠かさず薬を飲んで、定期的にカウンセリングを受ける毎日・・・
それでも一向に改善しない、良くなっている気が全くしなかったです。

「先生、いつになったら治るんですか?」
そんな問いかけに先生は「じっくり時間をかけていきましょう。」

そんな言葉しか返してくれませんでした。

友人も心配して何かにつけて励ましてくれるんですが、
その励ましの言葉を聞くたびに落ち込んでいきました。

昼も夜も言いようのない不安な気持ちが私を支配します。
夜も寝れなくて朝方まで起きていたり・・・
とにかく毎日が辛くてたまりませんでした。
もう死んだ方がましだとさえ思っていた時期もありました。

このままずっと「うつ」と付き合っていかないといけないのかな?
もう治らないのかな・・・

私はどんどん落ち込んでいきました。

それから状況が一変し、
私は10年間苦しんだ「うつ」から解放されました。

ある出会いにより、私の人生は大きく変わりました。
私は「うつ」から解放されたのです。

いったいどうして10年間私を苦しめていた「うつ」から抜け出すことができたのか?

その理由は、下園先生が構築した「プチ認知療法」を実践したからでした。

私はある友人の勧めで下園先生のセミナーに出席しました。
そこで先生が話されていた内容に驚きました。

なぜうつになってしまったのか?
どうしてうつが治らないのか?
どうすればうつから最短で抜け出すことができるのか?

今までバラバラだったパズルのピースがはめ込まれていくような・・
長い長いトンネルの先に一筋の光が見えたような・・
そんな気持ちだったことを今でも覚えています。

あれから1年になります。

今では、うつを克服して元気な自分を取り戻すことが出来ました。
10年間の辛い苦しみから抜け出すことができたのです。

その後、私はこの治療法をうつで悩んでいる人たちに試してもらいました。

すると・・・
今まで家から一歩も出ることが出来なかった人たちが
私と同じようにぐんぐん回復して、
元気に会社に行くことができるようになったのです。

もちろん、この人たちはすべて「うつを克服することが出来ない・・・」と悩んでいた人たちです。

つまり、正しい知識があれば誰でもうつを克服することができる
ということを私は確信したのです。

その後、このプチ認知療法を試した多くの人が
「はっきりとうつが改善した!」という実感を得て
感謝の声を送ってきてくれています。
うつを克服できそうです!
吉田隆 様(38歳)

こんにちは。
私は、7年前に仕事のストレスからうつを発症してしまいました。
本当に辛い毎日で、不眠、不安感、自己嫌悪が激しく、
このまま一生治らないかもしれないと思っていました。

そんなある日、偶然このプログラムを知る機会があり実践してみました。
結果は、自分でも驚くほど効果がありました。
うつ状態というものがはっきりと理解でき、
今の自分の状態がどういう状態なのかがわかりました。

そして、どうすればうつを克服することができるのかということが分かりました。
希望の光が見えたような気持で本当にうれしかったです。
徐々に気持ちが楽になり、不安な気持ちもほとんどなくなりました。

うつを克服できそうな気がします!ありがとうございました。



私は、本当に下園先生に感謝しています。
このプチ認知療法のおかげで私をはじめ、多くの人たちが「うつ」を克服すことが出来たのです。

その後、私の中でこの治療法を1人でも多くの方に伝えたい!
今現在、うつに苦しみ、悩んでいる人に知ってほしい!
そう思うようになりました。

このような気持ちが日に日に強くなり、無理を承知でお願いに参りました。

「先生の治療法を詰め込んだDVDプログラムを作らせてください」

下園先生は、「うつ」に悩み苦しんでいる方の助けになるのなら・・・
と快く承諾いただけることができました。

現役心理カウンセラーである下園先生がご自身も「うつ」になった経験と、
多くの人々の悩みをサポートしてきた経験を元に構築した最も効果的で最も結果がでる方法。
自分いじめを卒業して、うつから最短で抜け出すためのDVDプログラムが完成しました。

「どんな内容になっているの?」

はい、それでは具体的にDVDプログラムの内容をご紹介します。

プログラムでは実際にうつで苦しんでいる方に参加していただいて、
セミナー形式で行いました。

ディスク1では、実際に回復するための作戦、訓練に入る前のウォーミングアップ。
「うつ」の基礎知識を学ぶことで、ディスク2で学ぶ回復するための作戦、訓練に入りやすくなります。

うつDVD

* それぞれの「うつとの戦い」(セミナー参加者の自己紹介)

セミナーに参加された方々のうつの状態を聞いていくところからセミナーはスタートします。
先生は意見を無理に押し付けず、いったいクライアントがどのような状態になっているのか
把握することにつとめています。

自分自身を振り返ることがこの章をご覧になることで可能になります。

* 下園先生のうつ体験

下園先生も「うつ」の経験があります。
貧血を起こしたり、モドしたりすることが多くなってしまいました。

評論家は、こうやれば治るよ!心を強く持とう!と簡単に物事を
終わらせようとします。でもそんな単純なことではないですよね。当事者しか分からない。
だからこそ下園先生はご自身の経験を皆さんにお伝えしているのです。

下園先生はどうやって問題をクリアしていったか、どうすれば心は軽くなるのか?
クライアントさんのお話も混ぜながら解説していきます。
なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
posted by うつ(鬱病)から at 20:54| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最短でうつを克服する方法をお教えします。

最短でうつを克服する方法をお教えします。

なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法
もしかして、あなたは以下のようなことで悩んでいませんか?

※ とにかくうつがひどくて毎日が辛い
※夜は眠れないし、朝起きるのも辛くてたまらない
※毎日不安に押しつぶされそうになる
※いつ治るのか、いつ働けるようになるのか不安でたまらない
※病院で出された薬を飲んでいるが一向によくならない
※再発を何度も繰り返している
※もうこのまま治らないのでは・・と不安になる

もし、このような悩みを抱えているならこの手紙をお読みください。

最短でうつを克服する方法をお教えします。
posted by うつ(鬱病)から at 20:53| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

うつ病克服プログラム

うつ病克服プログラム

実は、うつ病は脳や心の病気ではありません。うつ病を改善出来る方法を映像でやさしくお教えします。







実は、うつ病は脳や心の病気ではありません。2千人以上のうつ病の方を克服へと導いた、カリスマ施術家が30分後には心も身体もかるくなり、重いうつ病でも2ケ月以内に改善出来る方法を映像でやさしくお教えするプログラムです。



身体の 最も重要な部分を改善しただけで、私は うつ病を克服することができました。

もちろん、薬も服用していません。



古くからの友人達は、私の行動力や姿勢、笑顔、凛とした態度を見ながら、
「お前、本当に うつ病だったの!? 信じられない!!」と言います。



しかし、、、



身体が変われば心が変わる。心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる。運命が変われば人生が変わる。



という言葉があります通り、全てが一変してしまうのです。


それからの私は、治療院に来られる患者さんに、同じ方法を試してみたのです。



すると、2,000人以上の患者さんを診ていると、うつ病になる「原因」と「結果」が

ハッキリと明確になり、うつ病になる誘因は 次の7つに絞られたのです…

* 精神的なストレスからくるもの
* パソコンや日常の姿勢からくるもの
* ムチウチなど外傷からくるもの
* 顎関節のユガミからくるもの
* 喘息や鼻炎からくるもの
* 呼吸からくるもの
* 眼精疲労からくるもの

ええ、そうです。

これらの誘因により、うつ病を引き起こすことが解ったのです。



とは言え、これらは あくまでも誘因であり、根本原因ではありません。



その ”根本原因” を改善していないが故に、薬を飲んでも カウンセリングを受けても、

うつ病を 克服することができずにいるのです。



では 一体、うつ病を克服する上で、何が 一番重要なのか?



その 核心に触れる前に、まず、これまで 2,000人以上の うつ病や 自律神経失調症の

方を克服へと導いてきた経験と、この道一筋のプライドを掛けて申し上げますが…
うつ病は、心の病気でも、脳の病気でもありません。

確かに、一般的には、

うつ病の原因は “ストレス” であったり、 “脳内のセロトニン” の減少が原因。

自律神経失調症では、 “自律神経の乱れが原因” だと 言われております。



しかし、それらは あくまでも誘因であって、根本原因ではありません。



と言いますのも、現代社会では、人は誰しも 多大なストレスを受けており、

それによって、自律神経が乱れ 体調を崩す人も、崩さない人もいるからです。

もちろん、うつ病や 自律神経失調症にならない方も、沢山います。



また、本当に 原因が分かっているのならば、既に 改善しているはずです。



なぜならば、病気の原因が分かるからこそ、特効薬を作ることができるのと同様、

本当の原因が分かれば、明確な対処もでき、改善することができるからです。



しかし、病院に通院しても、カウンセリングを受けても改善しないのであれば、

それらは、本当の原因ではない。と 言えるのではないでしょうか?

うつ病や 自律神経失調症は、何らかの原因があって 発症したわけですから…。



だからこそ 多くのうつ病は、心の病気でも 脳の病気でもない。とも言えるのです。



少なくとも、それらは誘因であって、本当の原因とは言えないでしょう。





病院では、どれだけ精密検査を行っても 身体に異常が見つからないため、

「きっと、これは心の病気だろう…」という結論に 達してしまうのです。



また、どんな薬でも、薬は 一時的に症状を抑えるだけの “対症療法” なのです。

薬は 例えるならば「苦 (く) をすり変える」ものであり、根本的治療ではありません。

原因を治す 根本的な対処法こそが、本当の薬なのです。



では 一体、本当の原因とは何でしょうか?



それは…
うつ病、自律神経失調症の 本当の原因は、“首” にあります。

ええ、そうです。



私も、この事実に辿り着いた時は、正気、信じられませんでした。



「本当に 首が原因なのか?」と 自問自答しながら、何度も「仮説 → 実験 → 検証」

を繰り返して見ても、やはり、この事実に辿りついてしまうのです。



これは、脳神経外科の世界的権威、松井考嘉(まつい たかよし)Dr も

「原因は首にある」と言われており、テレビや新聞、週刊誌など、各マスコミで

大きく取り上げられたので、賢明なあなたなら ご存知かも知れませんね。


松井Drが言われるには、うつ病などの原因の多くは、首の筋肉の異常である。しかし、それを解っているドクターは、ほとんどいないのが現状。なぜならば、今の日本の医療では、首の筋肉は重要視されていないため、完全に医学の盲点だと。



ご存知の通り、首には人体の中でも重要な「自律神経」が密集しています。これは、体温や血圧の調節、呼吸、消化、代謝などをコントロールしており、生命を維持しています。



この 自律神経には 交換神経と 副交感神経の2つがあります。





* 交換神経は 緊張している時、危険を感じた時、興奮した時に働く神経であり、心拍数や

血圧を下げる。呼吸数を増やす。血管を収縮し 瞳孔を開く。胃腸の働きを抑制。

* 副交感神経は、リラックスしている時や 寝ている時などに働き、心拍数や血圧を下げ、
呼吸を減らす。血管を拡張、瞳孔を閉じ、胃腸の働きは活発になる。



そう、私たちの健康を支えているのは、この交感神経と 副交感神経が、

バランスよく働いてくれているからです。



しかし、前述しました7つの誘因により 首の筋肉の緊張が起きると、

交感神経が刺激されるため、副交感神経の働きが低下し 自律神経のバランスが崩れます。

それによって、自律神経失調症になると、私は考えます。



また、脳への血流も悪くなるため、脳内の神経伝達物質の働きが低下し うつ病になる。

これが、この道一筋の プロとしての私の持論です。



そうでなければ、うつ病や 自律神経失調症の症状として、頭痛や吐き気、めまい、

身体がだるい、無気力、イライラ、不安、肩コリや 首がはる、のどの違和感といった

症状に、悩まされるはずがありません。



ですから、首の筋肉の異常によって、副交感神経が圧迫され これらの病気になると、
医学的にも実証されているだけでなく、今までの経験からも 確信しています。



ええ、そうです。
“首“ を改善すれば、間違いなく、うつ病は 克服できるのです。

うつ病・自律神経失調症を 95%の改善率で治している、松井Dr も言われている通り、

”首”の筋肉の緊張や ゆがみを直せば、うつ病を改善できると 断言できます!



その、脳神経外科の世界的権威の 松井Drが実証されている 理論に、

自身の様々な実験、検証から得られた オリジナルの手法を加え、完成させた治療法は、

お陰様で 評判が評判を呼び、日本全国から 私の元へ訪れて下さっています。



そして、これまで 2,000人以上の 自律神経失調症・うつ病の方を克服へと導き、

人生を楽しく過ごされているのです。



つまり、この治療法は、7年間 身体の不調を改善する技術と知識、そして、

2,000人もの 患者さんから頂いた、貴重なデータを元にして開発したものであり、

数人・数十人の成功例を元にした、データの少ない方法とは違います。





だからこそ、あなたも この方法を実践すれば、30分後には 心も身体も軽くなり、

重いうつ病だとしても、2カ月以内には改善できると 確信しているのです。



なぜならば、既に 95%以上の方たちが 効果を実感されておられるからです。



※この感想にあります、名前や内容は、ご本人にも許可を頂いております。
2ヶ月間 うつ病克服プログラム




95%の方が 2カ月以内に効果を実感。その理由とは?

このプログラムを まだ手にされていない方にとっては、



「訓練を積んだ 専門家にしか出来ないのでは?」
「プロの高度なテクニックは、ど素人にできるわけがない!」



もしかしたら、あなたは、そう思われるかもしれません。



しかも、首を治して うつ病を克服する方法ですから、逆に 首を痛めないか心配!

素人にも安心してできる方法なの? と、不安に思われているかも知れません。



この「金本流 2カ月間 うつ病克服プログラム」は、

すでに 大勢の方が手にして下さいましたが、皆様が お選び下さる理由は、

大きく分けると、主に以下の “4つ“ だと言われます。



そして、これこそが プロとしての 私のこだわりでもあります。




うつ病克服理由1

私が7年間、思考錯誤をを繰り返し、自身のうつ病・自律神経失調症を改善させ、

更に、2,000人以上の 患者さまを救ってきました。



これらの実績が それを証明しています。



また、私どもに寄せられる、この治療法の実践方法に関する質問の数は、
当院の患者さまにも行っているため、当然 少ないものではありません。



そのような ご質問・疑問を常に、フィードバックさせながら、
より簡単に「手法の効果」を理解していただくために、説明書や解説本に
代わるものを求められているのです。



こうしたお客さまや、既に手にされた方たちから
「金本さんの治療法を選んで良かった!」と 言っていただけることは、
素人さんでも「分かりやすい」と、認めていただいたことに他なりません。




うつ病克服の理由2

うつ病の 主な治療方法は、休養 → 向精神薬の投与 → カウンセリング が一般的です。



ストレスの原因から遠ざかり、心身ともに ゆっくりと休養した上で 向精神薬を飲む。

薬の効果が確認されたのち、カウンセリングへと移行するわけです。



ただ… 残念ながら、精神を扱う病院の先生の多くは うつ病の経験がありません。

経験がないからこそ、いわゆる「5分診療」と言われる、簡単な 心理テストや問診。

しかも、症状は一進一退。 風邪が完治するように スッキリしないのです。



私が 唯一尊敬する、ご自身も うつ病で苦しみ、4回も自殺を図った経験のある、

世界的権威の先生は言いいます。





「 知識の指導は 机上の空論。身をもって 体験する事に勝るものはない。」



本当に その通りだと、私も思います。



前述の通り、私自身、7年間 うつ病・自律神経失調症と苦闘してきました。

苦闘してきたからこそ、単なる医学的な知識ではなく、実体験を通じて得られた、

「本当に 効果のある治療法」を お伝えすることができるのです。



私の、「うつ病の方を救いたい」という、情熱や思いをご理解下さり、

ご来店、ご購入くださった ほとんどの方が

「金本さんを信じて良かった!」と、笑顔で言われます。



それは私たち、治療家としての仕事を、心から喜んで下さっている

最高の評価であると、私は思っております。



この厳しいご時世にも関わらず、本当に皆様には 心から感謝しております。

本当にありがとうございます。
2ヶ月間 うつ病克服プログラム



うつ病克服プログラム

実は、うつ病は脳や心の病気ではありません。うつ病を改善出来る方法を映像でやさしくお教えします。

posted by うつ(鬱病)から at 08:56| うつ鬱病から解放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
うつ(鬱病)から解放される